藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

土屋アンナ舞台中止裁判での和解協議決裂!

ニュース

土屋アンナ舞台中止裁判での和解協議決裂!

土屋アンナが主演舞台の稽古に参加しなかったため、公演が中止になったとして、演出家の甲斐智陽氏から約3000万円の損害賠償を求められた裁判で、非公式の和解協議を東京地裁で行ったが、決裂した。
土屋アンナ側から和解案が提出されたが、折り合わなかったという。
甲斐智陽氏は、「向こうに和解する気があるのか分からない。今年中に終わらせたい。」と言ってる。
24日の審理で終結するが、和解に向けての協議は継続する予定だという。

この訴訟の発端は、平成24年4月に身体障がいを持つ歌手、浜田朝美さんの著書『日本一ヘタな歌手』を題材とした舞台化を出版元の光文社に甲斐氏がもちかけたのがきっかけ。
甲斐氏は浜田さんの著書をもとに「誓い~奇跡のシンガー」と題した脚本を書き上げ、平成25年5月に土屋アンナを主演とする出演契約を結んだという。
8月の初演へ向け、土屋アンナさんら役者は7月から稽古を開始した。
しかし、土屋アンナは、3回目の稽古日だった7月18日、浜田さんから受け取った手紙に、「舞台のことを知ったのはまだ最近で、舞台の内容もよく聞いていない」と書いてあったとして甲斐氏に不満を伝え、その後の稽古を欠席した。結局舞台は中止となり、甲斐氏側は3千万円の損害が出たとして、8月に土屋アンナ側を訴えたというもの。

東京地裁は、「土屋さん側に非はなかった」として甲斐氏の訴えを退ける一方、「甲斐氏の楽曲で名誉を傷つけられた」として土屋さんが甲斐氏を訴えていた訴訟では甲斐氏に33万円の支払いが命じられ、土屋さんの全面勝訴となっていたが、甲斐氏は控訴していた。

土屋アンナ 勝利 舞台けいこ欠席めぐる裁判で

土屋アンナ ・甲斐智陽 裁判真相 ひどい歌詞

【衝撃】土屋アンナ 舞台中止裁判でマジギレ勃発!!!

土屋アンナ 裁判 判決が下る

土屋アンナ泥沼裁判に“勝利”か!

まだやってた┐(´д`)

土屋アンナ「裁判だけは2度とイヤ」甲斐氏と闘争中

土屋アンナの舞台降板裁判の話が気になって調べたけど

頑張れ!土屋アンナがイベントで裁判質問。笑顔で○○。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ